世界はわたしの色になる

日々のよきことを集めて世界を美しく生きたい

別れる前提で距離を置こうと言ったらプロポーズされて1年が経った

※婚活とかに役に立つ内容ではないです。

※真似すべきでもないと思います。

 

私は昨年の8月末ごろにプロポーズされました。

 

□「距離を置こう」


毎年この時期は、
私はかなりメンタルが参ってしまう時期のようです。
その時も、仕事その他いろんなことで滅入ってしまい、
彼と出かけたりやり取りすることそれ自体も、心底億劫になっていました。

よく男性が仕事が忙しいと
彼女や家庭を顧みれない、LINEの返信もままならない…みたいな状態になりがちですが
その気持ちがよくわかります。ちょっとしたことなのに、頭が働かないんです。

そんな精神状態だったので、
「もう何もかも捨ててしまいたい、少し考える時間が欲しい、
距離を置かせてください」と彼にLINEを送りました。
まあ…別れる前の常套句ですよね。
はっきり言ってこのまま別れようかなって思っていました。

そうしたら、「ちょっと待って、一度話し合おう」と言われ、一度会うことになりました。

 

□夜のファミマでプロポーズ


部屋に行くのも、自分の部屋に行くのも嫌だったので、
近所のファミリーマートに車を停めて、
彼の車の中で話をしました。
自分が今どんな精神状態か、
そういう状態だとあなたとは気持ちよく向き合えない、
それもまたいっそう辛い、だからしばらくひとりになりたい。
そんな話をしたと思います。
私の話が終わると、彼が口を開きました。
今距離を置くと、このまま離れてしまう気がする、
といって、指輪を渡されました。

 

□青天の霹靂


実は9月に旅行の予定を組んでいて、
彼はその時にプロポーズするつもりだったようです。
それはなんとなーく…察していました。
でも私が結婚したい意欲はこの時はとうに過ぎ去っていて、
私と彼のタイミングが全くあってなかった。
彼としては、青天の霹靂の(ほぼ)別れ話だったわけです。

 

本当に、すべてがタイミングだと思います。
このタイミングが合わないから、人と人ってすれ違ってしまうんでしょうね。

 

□プロポーズされてどう思ったか


何もかも捨ててしまいたかった私が、プロポーズされてどう思ったかというと

「どうせ別れるなら、結婚してみてからでもいいか」でした。

ロマンチックでなくてごめんなさい。彼が見たら泣きそうだ。
ごめんなさい、でも本音です。

私は結婚できる人間だと思ってなかったし、
経験としてこんなチャンスは他にないな、
一生独身よりは、一度経験してみよう。と。
相手がいなきゃできないですからね。

いや、少なからず、私を相手に選んでくれたことは、嬉しかったです。
こんな私も選んでくれたことは、今もなお、感謝しています。

そもそも自分の親に「石橋を叩いて、渡らない」と評される彼。
そんな彼がプロポーズの決心をこの短期間でできたのは
相当の気合いだったろうと察します。

 

□それから1年


今のところ別れてないです。

結婚してみて、いろいろ環境が変わったり、変わらなかったり、
変えたくないけど変わらざるをえなかったり。
これからどうなるかわかりません。
私は、無理してまで結婚状態を維持させるのは本意でないので、
彼が別れたいって言ったらすんなり判を押すつもりです。
当面はなさそうかな…?

 

そんな私が結婚してよかったのは、
朝起きたら隣に誰かいること。です。