世界はわたしの色になる

日々のよきことを集めて世界を美しく生きたい

タオル担当大臣に任命されました

□ふたり暮らししています

私はダーリンさんとすこし前からふたり暮らしです。

(注:いろんな呼び方を検討しましたが、冗談こめつつ

5周ぐらいまわって”ダーリン”でいっか という結論になりました)

 

 

□お気に入りのものに囲まれたい のに

www.wakalight.net


こちらの記事を読んで、大層共感いたしました。
特にわかる、となったのは、タオルが揃ってないこと。

頂くんですよね、タオル。

でも、どれもこれもテイストがバラバラだし、

正直………。

生活感のない部屋が理想なので
(ですが散らかしてしまうのは、まごうことなく、私ですが)
毎日毎日毎日、見るたびに気に食わなかったのです。

 

□思い切って言ってみた

ずっと悩んでました。

タオルはあるにはあるのですから、絶対に必要な買い物であるわけでなく

どちらかというと自分のことにはお金を極力かけたくない性分なので、

こんなことにお金使っていいのか…?と悩んでいました。

しかし、

雑貨店でウィンドウショッピングしていた時に、

シャレオツなフェイスタオルを眺めていて、思い切って打ち明けました。

「ダーリン、ウチ、タオルはぜんぶお揃いのがいいっちゃ!」

「んー?いいんじゃない?(興味なさげ)」

えっ 軽っ

西川の羽毛布団かっってくらい軽っ いいの?全部取り替えちゃうよ?

あんなに悩んでたのにあっさりでした。

 

 

□得意分野が違う


どうも私は、ディテールが気になる性分のようです。

既存のものの、細かいところのここはこうした方が、という提案は得意。

いらないものを引いていくことなども。

タオルが揃ってた方が絶対素敵!とか、ここに敷くクロスは、AよりB、とか。

 

逆に、イチから大枠を作るのが苦手、

例えば家具の配置や収納の仕方、そういうことを決めるのが苦手です。

それで言うと、ダーリンの方が上手です。

今の部屋の家具配置を決めたのも、収納を整えたのも、ダーリン。

私はいつまでたってもどうしてもうまくできませんでしたので、

とても助かりました。

 

そんなインテリアや家具にはうるさいダーリンですが、

タオルまでは気が回らないようで、

気になるなら買ったらいいじゃない、ということでした。

 

□タオル担当大臣に任命された

 

「じゃあノラは”タオル担当大臣”ね」

と任命をされました。

(直前に小池都知事の話してたんです)

 

item.rakuten.co.jp

そんなわけで、せっかくなので開催中の楽天スーパーセールで買うつもりです。

 

f:id:indigoholizon:20170621174041j:plain

 

□互いの思考の違いをうまく共存させたい

 親子関係とはまた違う、彼との生活は面白いです。

実のことをいえば、

私は基本的には一人でいる方が好きです。

楽だし。考え事できるし。相手を構わなくていいし。

けれど、一人でいると緊張感がなくなって、だらしなくしてしまう私とっては

今のところ、同居人のいる生活が、好ましく思えます。

価値観とか、小さな習慣とか、違いはもちろんあって当然ですね、他人ですから。

そこを話し合ったり、妥協したり、互いの得意分野を活かしたり、

出来る限り有意義な方向にしたいです。

 

 

♪のうぜんかづら 安藤裕子 #nowplaying

ふたりの時間も、楽しく思えてきた今日この頃。