世界はわたしの色になる

日々のよきことを集めて世界を美しく生きたい

夏の脚元にシルクの心地よさを

蒸し暑い日々が続きますね。


プライベートでは、サンダルもおろして涼しく過ごしていますが、
仕事中は制服がスカートにストッキング・タイツ着用が必須です。

 

 f:id:indigoholizon:20170717103017j:image

ごん太脚をモノクロでごまか…せない

 

私は普段から、1年を通して
絹でできたものを愛用しており、とてもおすすめなのでご紹介します。


絹で、といっても絹だけだと耐久性が弱いので
肌にあたる面は絹、それ以外は化繊を使っていることが多いですが、
化繊100%のものとは履き心地が全然違います。

 


□メリット


●ムレにくい


一番の利点です。
化繊だと合皮のパンプスを一日中ほぼ履いたまま過ごすと
間違いなく足のムレとニオイが気になるのですが、
その不快感がかなり軽減されます。
悩んでいる方にはぜひ試してみて頂きたいです。


●肌荒れしにくい


夏場に化繊の肌色のストッキングを毎日履いていたところ、
剃毛+汗+化繊で肌荒れしてしまい、とても困っていました。
絹だとその肌荒れがかなりしにくいので、
おそらく
ムレづらい=通気性がよい=汗を発散するので肌にダメージを与えない
+絹はもともと肌にやさしい素材
…であるからでしょう。
これもとても悩んでいたので、絹に変えて助かりました。
同様に、仕事の同僚も肌荒れに悩んでいたので、
絹のものをすすめたところ、改善したと言っていました。


●意外と丈夫


実際手にしてみると、化繊より厚手に作られています。
ですから想像するよりも、ずっと丈夫です。
化繊のストッキングってすぐ破いてしまうのですが、
それよりも案外物持ちしてコスパが良いです。


□デメリット


●見た目の美脚効果はいまいち


化繊のものと違って光沢感はいまひとつ、どちらかというとマット。
見た目は正直野暮ったいです。
タイツなら問題ないですが、ストッキングは好みがあるかもしれません。

 

□商品レビュー


シルクふぁみりぃ


絹タイツ

5hon-yubi.net


厚手で柔らかいつくり、冬は暖かいです。
夏には、個人的には脚が冷えやすいので問題なく履けるのですが、見た目がちょっと暑いかな。


シルクパンティストッキング

5hon-yubi.net


厚手です。野暮ったさは否めませんが、丈夫。
夏場にタイツなら、このストッキングの黒を履いたらちょうどいいかも。

 

イーズクリエイション


シルクタイツ

item.rakuten.co.jp


シルクふぁみりぃより薄手で、化繊の市販の物の印象に近いので、
野暮ったいのは避けたいならこちらが良いです。


シルクストッキング

item.rakuten.co.jp


やはり薄手なので、シルクふぁみりぃのものよりは耐久性はないですが
履いた印象がきれいです。見た目を気にするならこちらを。

 

□身だしなみとしておすすめ


夏場いくら暑いといっても、
自分の年代、ある程度の年代の人に会うとき、着ている服装、状況など
TPOによってはなかなか生脚では厳しいです。
自他ともに涼しい絹製のフットウェア、ぜひ試してみて下さい。全然違いますよ。

 

 

 

数字に振り回されずに生きる

 f:id:indigoholizon:20170712211822j:image

□結婚歴はその人の価値ではない

 

職場で、誰かの評価をするときに
「あの人は独身だから」「あの人離婚しているから」と
結婚しているか否かを評価基準に話す人がいます。
たいてい結婚していない人に対する評価が悪いのですが
そういう話をしている当のご本人がいわゆる「バツイチ」なのです。
つまり人の話をしているようで、そのたびに自虐をしているということになります。

 

□結婚している人は別にえらくなんかない

 

私は既婚者ですが、
結婚しているから自分がなにか優れているということはありません。
人と婚姻状態にあるという書類上の法的な事実と
同居生活をしているという生活があるだけです。
結婚は、相手が自分に対して、ともに暮らす・ともに人生を歩むのに都合がいいか否かを判断してするもの、
相手と自分の一対一の相互の利害の一致であって、
自分の絶対的な評価ではないのです。
私は、利害関係が一致する人と現在婚姻状態にある、というだけです。

だから、利害関係が一致しないことがわかったら、やめればいいじゃないですか。
ビジネスの場でだって、契約を打ち切るということもある。
合わなかったらしょうがない。
子供がいるから、とかいろいろ理由があってかんたんに判断できないのも
わかりますが…
ただ、私は実際、両親が私の子供時代は関係が良くなくて、
喧嘩しているのをみるたびに、離婚したらいいのにと思っていました。
世間が結婚というものに夢を見すぎ、重きを置きすぎではないか?と常々思います。

社会的にいえば、結婚して家庭があってというほうが、経済成長の観点からは推奨されるでしょうけど、
だからといって、結婚していない個人を攻撃する正当な理由ではありません。

結婚してないとか離婚歴があるとか、そういうことを
悪く評価するのをやめませんか。

独身の方、あるいは離婚を経験された方、
自分を卑下しないでください。
それはあなたの価値そのものではありません。
結婚したとかしてないとか、そういう数字であなた個人の価値を測ることはできません。

 

 

□女性は年齢を重ねることで価値が下がるのか

 

男性は若い女性が好き…というのは通説ですが

「30歳過ぎたら人生終わり」とナンパ男に言われた話 - あなたの名前を呼んでいいかな

こういう男性がいると考えるとため息がでます…。
それは女性自身にも植え付けられていて、私の母くらいの年代の女性が「私30だから~」なんてたびたび冗談を言うのに違和感を感じます。
冗談は冗談でしょうけれど、とはいえ「若いことへの価値」「加齢というハンデ」という意識を感じてしまうからでしょうか。

 

□若いことは素晴らしいとは思うけれど

 

若いということは、可能性があるということです。
それは自分より年若い子が、いろんな人生の可能性に満ちているという点で
微笑ましく、また羨ましくもあり、というのはあります。
けれど、25過ぎたらおばさんで女として価値がない とか
そういう消費期限のような物言いをされるいわれはありません。

男性は女性への価値観として、より若いということを重視する(主に生殖活動的な意味で)
これは通説ですけれど、
それって、人間としてあまりに浅薄すぎませんか…。
そんなあさはかな男性に好かれて嬉しいですか。
あなたの今まで歩んできた時間や、それによって学んだこと、
生きてきた身体を慈しんでくれるような、
そんなコミュニケーション、愛情こそ、欲しくないですか。

 

□数字に振り回されるのはやめませんか

 

結婚歴とか、年齢とか、そういう数字で自分の価値を測るのは、やめませんか。
数字に惑わされて、自分を卑下するのをやめませんか。
自虐の言葉は、それによって、自分自身の価値を決めてしまいます。
自他の自分に対する価値を下げます。

 

数字は、数字です。

物事のひとつの側面であり、それが全てではありません。
例えば…体重50kgでも、筋肉質の引き締まった50kgと、筋肉の少ない脂肪と骨の50kgは、見映えがまったく違います。
50kgというのは客観的な事実ですが、それが全てではありません。

年齢が50歳だとして、それはひとつの事実ですが、
ではその年齢を重ねるにあたって
いかなる経験をして自らを磨いてきたのか否か。あるいは磨こうと努めているのか。
それが、その人自身の価値を決めると思います。

 

 

 

 

心象風景を写す、写ルンですとともに

f:id:indigoholizon:20170710224052j:plain
 
 
先日、箱根のあじさい電車に乗った時に撮影した”写ルンです”。
 
 
トイラボさんに現像に出していた写真のデータが
出来上がってきました。
 
 
f:id:indigoholizon:20170710224121j:plain
宮ノ下の駅のホームにはあじさいの植木鉢があり、色とりどりに咲いていました。
 

 

フラッシュで浮かびあがった濡れた質感が
スマホで撮影した鮮明な画像よりも、
記憶の風景に近いのはなぜなのでしょう。
 
 
 
f:id:indigoholizon:20170710224102j:plain
ひときわ目を引いた赤いあじさい
 
 

 

f:id:indigoholizon:20170710224110j:plain

古い写真館。ジョン・レノンの家族写真。

 

f:id:indigoholizon:20170710224116j:plain

建物と建物のあいだにあった、人気のない小さな神社。

 

 

 
スマホなどの鮮明な画像のほうが実際の風景に近いはず、なのですが、
仕上がった写真は、そのときの気持ちをも写してこんでいるような気がしました。
 
 
 

f:id:indigoholizon:20170710224126j:plain

帰路、雨の湯本

 

 

 

また、デニムのポケットに写ルンですを相棒に携えて

どこかへ出かけてみようと思います。
 
 
 
 

 あじさい電車に乗ったときの記事です。

indigoholizon.hatenablog.com

 

 

♪70%-夕暮れのうた Chara #nowplaying

 

憧れのサンタ・マリア・ノヴェッラのオーデコロン

 

先日旅行先で時間ができたので、

憧れのサンタマリアノヴェッラのお店に行って参りました。

 

サンタ・マリア・ノヴェッラとは

 

サンタ・マリア・ノヴェッラ

本店はフィレンツェにある世界最古の薬局で、最高品質で天然栽培の草木や油脂を使用した製品、具体的には石鹸やボディケア、アロマなどを取り扱っています。

その中で、最も有名なのは香水だと思います。

 

 

私が知るきっかけになったのは服部みれいさんのブログのコラム。

hattorimirei.com

私の身の回りには香水をまとう女性はあまりおらず、
またサンタマリアノヴェッラは私が普段手に取るものよりは高価ですし

みれいさんが使っているということも含めて、憧れの存在でした。

 

 

□私の香りを見つけたい


イタリアのお店を移してきたような内装にどきどきしながら、足を踏み入れました。
店員さんはすごく落ち着いた接客。
オーデコロンが欲しいのですが、と声をかけると好みをたずねられたので

「甘すぎない、夏につける爽やかもあるもの」をお願いしました。
夏=柑橘系だけでは選択肢が狭まってしまうので、それ以外もいろいろ出して頂きました。

 

f:id:indigoholizon:20170708103428j:image

 

以下は試して印象に残っている香りです。

 

  • サンタマリアノヴェッラ(王妃の水)
最初に紹介されたのがこちら。

香水の知識や表現力がなくてうまく説明できませんが…


質の高い、合成的な香料でなく、"香水" という感じ。

巷の香水専門店でよくおいているような香りとは趣の違う、

またオーガニックとも違う、薬草のような。

伝統的な香水とは本来こういう香りなのでしょうけれど、

安価で手軽な大衆向けのパフュームしか知らないので、逆に新鮮でした。

 昔、私が大好きだった伯母が持っていた、

シャネルの5番、こっそり香りを試したときに感じたような、高級な気持ちになる香りでした。(5番に似ているというのではなく、心持ちが、という意味で…)

 

基本はシトラス系だけれどスパイシーさもあるので、男性も使用できそうです。

ラストノートはウッディさ…というのか、深い感じが残ります。

「王妃の水」と呼ばれ、カトリーヌ・ド・メディシスフィレンツェといえばメディチ家ですね)のために作られた香水とのこと。

 凛々しい女性の香りという感じがします。

 

サンタマリアノヴェッラよりさっぱり柑橘系、まさにシトラス

けれどそこはやはり、量販店にあるような柑橘系のそれより、香りが深いです。

サンタマリアノヴェッラはラストノートが甘さやウッディさを感じましたが、

こちらは柑橘の香りが残ります。

 

  • オレンジフラワー
ネロリのようだと感じました。甘いオレンジ系の香り。まさに夏向け。

 

  • エバ 
これは店員さんに「試すだけ試してみてもいいですか」とお願いしてみたもの。
みれいさんが愛用してると読んで。

甘さの中にスモーキーな苦さ。大人の甘さでした。

これもいいな、と選ぶ段階でかなり迷いました。

 

□選んだのは

 

f:id:indigoholizon:20170708103408j:image


悩みに悩んで悩んで悩やんで…

サンタマリアノヴェッラに決めました。

 

職場でも問題ないレベルでつけたいと思ったので落ち着いた香りなのと、

最初に香りを試したときに、はっとした印象。

目が覚めるような、頭がすっとさえるような。

きつくはないのです。けれど、つけると背筋がすっと伸びるような気持ち。

かつ女性らしさもある香りだと思います。

 

まさに王妃の香り。 

 

□この香りがふさわしい女性になりたい

 

背伸びの買い物だとは思います。

今の自分の年齢的には、もう少し甘めや柑橘系でも、良かったのかも。

 

でも、これが似合う女性になりたいんです。

この香りが私の香り といえる女性になりたい。

 

背伸びするための、私の目標の香り。

それが今の私のサンタ・マリア・ノヴェッラです。

 

 

 

 ♪Por una Cabeza   Carlos Gardel  #nowplaying

 

映画『セント・オブ・ウーマン』の名シーン、タンゴで踊る曲。

アル・パチーノの役が盲目なのですが嗅覚が鋭くて、

随所のシーンで女性の香水を言い当てます。

最後の女性教師との会話が印象的で、希望があって好きです。

 

www.youtube.com

 

ノラコの知らない世界

f:id:indigoholizon:20170704203727j:image

□「マツコの知らない世界」と「マツコ会議」が大好き

 

マツコ・デラックスさんが大大大好きで、テレビ番組はマツコさんの出演するもの、中でも「マツコの知らない世界」と「マツコ会議」が大好きで、欠かさず見ています。

「未体験のもの、知らない分野を知る」っていうコンセプトのこれらの番組が純粋に興味深いんですよね。

それをマツコさんが愛に溢れる紹介してくれるのが大好き。

 

□「活動部」ってなに

 

先日の「マツコ会議」で出ていた女の子たちに感化されたのが、

「やったことがないこと、行ったことがないところ、行ってみようやってみよう」という

「活動部」の名の下に集まっていろいろやっているらしい女の子たちでした。

 

□あんな風になってみたい

 

楽しそうで、明るくて、フットワーク軽そうで、可愛くて、なんだかすごく羨ましかったんです。

あんな風になってみたい。

 

 

 

じゃあ、やってみよう!!!

 

 

 

□知らない世界を見てみたい

 

私、ものすごい不精者なのです。

とりわけひどいのが出不精なことで

とにかく家にいたい、旅行とか行きたくない、というなかなかのひどさです。

けれど、世界観や価値観の狭いひとにはなりたくないなあ…と最近思うようになりました。

 

□家庭とテレビの話しかしない人間になりたくない

 

周りにいる40代〜自分の母親世代の女性と接するのが苦手で、その理由のひとつが、自分の小さい身の回りの価値観でしか物事を捉えられないし、そういう、非常にマクロな話しかしないところ。

しょせん自分の見える範囲でしか世界を把握できないし、自分もそうなのですけれど、

せめて、自分の見ている世界や価値観が絶対普遍的ではないこと、その自覚はしていたい。

いろんな人がいていろんな世界がある、と自覚しながら、自分の世界を生きたいな。

 

□今後の「ノラコの知らない世界」

 

そんなわけで。ひとり活動部結成(?)です。

 

 

「1ヶ月に1度未経験の体験を計画・実行する!」

 

 

・SUPに挑戦する(7月)

 

・サンタマリアノヴェッラに行って香水を買ってみる(7月)

 

・海の家に行ってみる(8月)

 

・フィールサイクルに行ってみる

 

また思い浮かんだら追加します。

 

いっしょに行ってみたいって方もぜひ〜

 

 

 

 

人生楽しむぞ╰(*´︶`*)╯♡ 

 

 

太陽のKomachi Angel  B'z  #now playing 

エーンジェー!

 

朝の時間を充実させたいのだけれど

□朝の時間がない

 
朝というのは忙しいものですが、それにしても余裕がない。
モーニングページを書いたり、朝予定をたてたり、今の現状ではまずできません。
 

□今の朝のスケジュールを書き出してみた

 
 まずは現状を見直してみようと書き出してみました。
 
◎現状
5:00 起床 洗顔後パックをつける
5:10 鍋にお湯を沸かす はみがき 
5:20 だしをとる 
5:30 お弁当のおかずをつめる
5:40 味噌汁をつくる
5:50 おにぎりをつくる
6:00 朝食ができる
6:10 (予備時間)
6:20 ダーリンが起きてくる
6:30 朝食を出す お茶を入れる
6:40    朝食タイム
6:50
7:00 ダーリンを送り出す、片づけ、ゴミ捨て
7:10 化粧・着替え 身支度
7:20 身支度
7:30 自宅を出発
 

□効率化をしなければと痛感


本当は20分くらいモーニングページとか、手帳書いたりとか、
ブログ記事を書く時間がほしいのですが、
今の段取りだとどうしても無理だということがよくわかりました。
 
各工程の効率化や作業の分散を考えなければいけないなと痛感。
ぱっと浮かんだのは下記のようなものですが…

・水出しのだし(だしをとる時間を削減)
・お弁当はできるだけ前日につめておく
・朝食プレートを導入(洗い物短縮)
 
実践してもう少し考えます。
 
 
♪Shake it off  Taylor Swift  #nowplaying
 
 

7月やりたいこと&下半期やりたいことリスト

f:id:indigoholizon:20170630061008j:image

□気が付いたら今年ももう折り返し

光陰矢の如しとはよく言ったものです。

日々を意識して過ごさないと、あっというまに白骨になってしまいそう。

いろいろ取り組みたいことを考えていたら

思いのほかたくさん浮かんだので、リスト化しました。

 

◎7月のやりたいこと

 
□美肌月間 肌への取り組みを考える
20代も後半になるとお肌の曲がり角、とよく言うのですが、
私の場合は、10代~社会人になるまでニキビなどで肌が荒地でしたから、
今の方が調子が良いのです。ゆで卵みたいなお肌の女の子はうらやましい。
しかし今からが私の勝負時、と見直したいと思っています。
 
□家計簿をつける
ちゃんとできてないのがもやもやするので、これは絶対。
 
ピラティスを再開する
生活環境の変化で行かなくなってしまっていたので、
体質の向上のために再開したい。
 
□プールに行く
暑くなってくるとジョギングは行き辛いので。クロールができるようになりたい。
 
□ルーチンの筋トレメニューを決める
スタイル向上は実際のところ筋トレの方が有効そうなので。習慣化したい。
 
□朝のフレームワークをつくる
朝がとにかくばたばたしてしまうので、時間割を見直したい。
 
□ピンクのメイクポーチを見つける
持ち物が、本当に、青ばっかりなんです…好きな色とはいえ…。
資生堂の『花椿』でピンク色の特集をしていて
ピンクの持ち物がほしくなったので、お気に入りを見つけたい。
 
□本を10冊読む
□映画を5作観る
とりあえず『銀魂』は観に行きます。私の青春。

□資格試験の勉強をはじめる(9月が試験)
そろそろ始めないと…。
 
□サンタマリアノヴェッラで香水を買う
先日shiroのサボンのオーデコロンを試してみたのですが、
求めているものとちょっと違う。自分の香りがほしい、と思って。
あこがれの香りを見つけに行きたい。
 
□水族館に行く
マツコの知らない世界』で特集していて、すごーくいきたい場所があるので。
 
□ペン字を再開する
字は一生の教養、財産。これも忙しさに取り紛れてやらなくなってしまった
ユーキャンを再開します。
よくばりすぎたかな、とも思いますが、目標は目標なので
ひとつずつ取り組みたいと思います。
 

2017下半期のやりたいこと30

 
□朝のフレームワークをつくる(7月)
□家計簿をつける(7月)
□プールに行く(7月)
□ルーチンの筋トレメニューを決める(7月)
□朝のフレームワークをつくる(7月)
□ピンクのメイクポーチを見つける(7月)
□SUPに挑戦する(7月)
□水族館に行く(7月)
□サンタマリアノヴェッラで香水を買う(7月)
□ペン字を再開する(7月)
□三角コーナーを捨てる(8月)
ピラティスを再開する(8月)
iPadを手に入れる(8月)
□資格試験合格(9月)
□お気に入りの万年筆を手に入れる(9月)
□お気に入りの財布を手に入れる(9月)
□髪を切る(9月)
□生ごみ処理機を導入する(10月)
□手帳ノートを見直す(10月)











□映画を30作観る
□本を60冊読む
 
空いているところはまた浮かんだら加筆します。
有意義な半年にするぞー!
 
 
 
♪ぼくらが旅に出る理由 安藤裕子小沢健二のカバー)#nowplaying