なみのそば

日々のよきことを集めて世界を美しく生きたい

君を自由にできるのは 宇宙でただ一人だけ

高校時代、

小雨の日も風の日も、自転車をこいでいました。

通学路で聴いているのはいつもスピッツの曲でした。

アルバムで言うと

『フェイクファー』

インディゴ地平線

『隼』あたりが好みです。

 

ちかごろはあまり聴いていなかったのですが

ふと思い出し、『8823』という曲を聴いていました。

 

歌詞の独特の言葉選びは、さすが草野マサムネ

曲全体の疾走感は、世間一般がスピッツに抱いているイメージを覆す。

 

高校時代、何百回と聞いていたはずの大好きな曲。

 

大好きなサビ。

 

「誰よりも早く駆け抜け

LOVEと絶望の果てに 届け

君を自由にできるのは

宇宙でただ一人だけ」

 

はっとしました。

 

歯を食いしばって自転車をこいでいたあの頃、

自由にしてくれる ”誰か” を探していました。

いつかきっと、私を自由にしてくれる”誰か”に会えると…。

いつもなにか寂しくて、不安で、だから”誰か”の存在が希望でした。

この曲のように、嵐のように、

私を連れ去ってくれるって思ってました。

それはそれで、私のことを支えてくれていたのだけど。

 

…いろんなことがあって、

「宇宙でただひとり」の”誰か”が、誰なのか、わかります。

 

わたし だけ。

 

わたしを「自由にできる」のも、

わたしを「不幸にできる」のも、わたし だけでした。

 

友達でも仕事仲間でも恋人でも結婚相手でもありませんでした。

私のことを満たしてくれるのは、他者ではありませんでした。

 

わたししか、わたしを幸福にできない。

わたししか、わたしのことを自由にできない。

 

 

ずっとずっと聞いてたのにね、この曲。

「LOVEと絶望の果て」に至って、やっと理解できました。

でも、きっと今だから理解できるのだと思います。

 

高校時代の私の記憶が呼び起こされ、クリーニングができました。

 

あらゆる人やものがうらやましくて、

そのエネルギーを受験勉強に注いでいたあのころの私。

いつか幸福にしてくれる誰かに出会えると信じてやまなかった私。

 

大丈夫だったよ、勉強は、そうだなあ、直接的に役に立ってないかもしれないけど…

…いろんなことで、

泣いたり怒ったりもするけど、

今は、

私は恵まれているし、幸せだから、大丈夫。安心して。

 

 

 

そして太陽星座が射手座の私は

まさに、『8823』のこの疾風のようなエネルギーが

気持ちにシンクロしています。

 

この曲は、今ふたたび、私の応援歌になりました。

 

誰にも私のことを不幸にはできません。

 

私を自由にできるのも、

宇宙でただひとり、

私だけ!

 

満たされ1月

 月初につくったやりたいことリスト。

全部達成ですー(パチパチ)!!

 

 

 

①初詣に行く

達成。元旦に行きました。

 

 

 

②着物を着る

初詣にて。今年はもっと着物を着たいな。

f:id:indigoholizon:20180117192239j:image

 

 

 

 

③いちご狩りに初挑戦する

行ってきました!

お腹がはち切れるくらいいちごを食べられて大満足。

f:id:indigoholizon:20180117192408j:image

 

 

 

④寒中見舞いのお手紙を書く

indigoholizon.hatenablog.com

 書きました。手書きが好きだなあ。

 

 

 

⑤新しいメモ帳を使ってみる

会社で新しいメモ帳を使ってみました。

ルーチンワークで、ともすれば飽きてしまう業務、

常に少しずつでも

新しい工夫が日々できればいいなあ…と思います。 

 

 

⑥手帳の使い方を考える

スケジュール帳+家計簿+ライフログとして運用してみています。

使っているのは無印のマンスリー・ウィークリー。

 

 

⑦玄関を季節を感じさせるスペースにする

雑然と、半分物置になってたのを避けて、

コンシャスプラン日めくりカレンダーを玄関に置いてみました。

あとは季節の飾りとか、ポストカードとか

花とか置いてみようと思います。

 

 

 

⑧「スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツを はいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ」をやる

元旦にショッピングセンターで新しい下着を購入。すがすがしい新年を迎えられまし。

 

 

 

水仙の香りの香水を手に入れる

indigoholizon.hatenablog.com

 

お気に入りの香水です。

 

 

 

そんなわけで忙しいながら充実感が味わえた1月でした。

それはこのリストを作っておいて指標にしておいたからこそ。

 2月も楽しんで行こうと思います。

 

 

 

欲望があるから世界が愛しくなる

f:id:indigoholizon:20180105135347p:plain


仏教の教えでは

世の中のあらゆる悩みは執着心によるもの、と言います。

それは深い悩みがあるときには、たいへんなぐさめになります。

 

けれど捉え方を誤ると、

世の中のあらゆることに関心を失ってしまうことになります。

 

 

物なんて欲しくない、食にも興味がない、すべて無意味。

 

 

ある時、私は苦痛を忘れるのとひきかえに、

自分の身のまわりを 無味乾燥でつまらない世界にしてしまい

生きる営みに関心が持てなくなってしまいました。

喜びもわからなくなってしまいました。 

 

 

そんな世界に疲れ果てた私は

少し身の回りの「物」に興味を持ってみることにしました。

ヌメ革の手帳、つけると気持ちが踊るルージュ、きれいな絵はがき。

 

暮らしに彩りが添えらえれて

せわしい生活にメリハリを感じられるようになりました。

 

 

 

少し前に、ツイッターのタイムラインで

お金があったらミニマルやシンプルな生活を続けますか

という質問を目にしました。

自分なら、Yesだな、と思います。

闇雲にあれこれ欲しいとも思わないし

物には力があるので、たくさんの物にかこまれるのはきっと気力体力が持ちません。

けれど、好ましい物は、日々を明るくしてくれる力もくれます。

 

物にも事柄にも

執着しない、依存したくないし、とらわれたくはない。

けれど、

この物質生活で、この消費社会の世の中に生まれたのですから、

せっかくですからその世界を

否定もせず

わかっていて、

あえて 乗ってみる、というか…。

 

 

 

 欲がある、欲深い、という言葉は悪いイメージに使われがち。

物欲も、あらゆる欲も、盲信し固執し依存しすぎると、毒になる。

けれど、欲があるから、この世界に触れたくなる。

世界が愛しくなる。

 

「なくても楽しく生きられるよ。けれどあったらますます嬉しい!

 

そんなバランスでの

欲との距離感を置いた付き合いができたら、理想です。

何がしたいかと考えたら、絵が描きたかった

忙しさにかまけてご無沙汰をしてしまいました。

 

忙しいと、ネガティブ思考のうずいて

漠然と

「やりたいことができない」という想念でいっぱいになってしまいがち。

じゃあ、何をしたい?と ぼんやりと考えたら、

絵が描きたい。

という願望がふいとあらわれました。

f:id:indigoholizon:20180203010700j:plain

 

 

舟越桂の木彫の像のような、遠くに想いを馳せる姿を描くのが好き。

 

 

授業中もテスト中も家に帰ってもずっと絵を描いていた私。

思えば、いつから描くのがこわくなって、描けなくなったのか。

 

また描きたい。たくさん描きたい。

 

 

無印良品の万年筆はスタイリッシュ

今年実行したいことのひとつが

「お気に入りの万年筆を見つけたい」

 

こんな感じや

 

 

 

こんな感じなど

 

 

実際に触ってみて決めたいです。

 

…と、それは別に、みんな大好き無印良品で、

こんな万年筆を見つけました。

f:id:indigoholizon:20180119161536j:image

こんなスマートな万年筆、はじめて見た。

 

仕事で宛名書きする時に使いたいと思って試してみました。

 

f:id:indigoholizon:20180119161608j:image

 

万年筆はビギナーですから比較などはできませんが、

ストレスなくさらりとした書き心地。

 

f:id:indigoholizon:20180119161552j:image

 

カクノも試したことがあったのですが

ポップな外見が仕事中に使うには個人的にはそぐわなかったのと

プラスチック製のボディーが持った印象で私には軽かったので

金属製のこの重さがちょうど良い。

 

万年筆を探してらっしゃる方、

こんなスマートなのもいかがでしょう。

ルージュの魔法

 

購入してからとても気に入っている、
資生堂のルージュルージュ。

 

f:id:indigoholizon:20180118204155p:plain

 

 

 

軽く唇に塗ると鮮やかに発色して、
なんだかいつもよりいい女風になる。

 

ふと鏡に映った自分の顔を見るのが嬉しくなる。
香りもなく、コーヒーを飲んでも落ちないし、唇が荒れることもない。

 

 

 

 

f:id:indigoholizon:20180105173059j:plain



ケースもシックで資生堂マークが可愛い。

キャップにマグネットが付いていて、閉じるとカチッとなるところも小気味よい。

 

 

この口紅をつけて出かけると楽しくなる。
足も軽やか。
お気に入りってこういうことか。

 

私の魔法のルージュ。

鉛筆の時間

 江國香織のエッセイの、空気感や彼女の価値観に触れるのが好きです。

よく時間が空くとぱらぱらと数編読み返します。

中でも好きなのがこちらのエッセイ集。

とるにたらないものもの (集英社文庫)

とるにたらないものもの (集英社文庫)

 

 

この作品は

江國さんの暮らしのそばにあるもの、

たとえばケーキ、化粧おとし、旅行鞄etc...

それらをテーマにしたエッセイ集です。

 

その日たまたま開いたページは、鉛筆とシャーペンのまつわるエピソード。

 

それでいて一方で、私にとって鉛筆は、つねに困惑を伴う道具であった。いつ削ればいいか悩んでしまうのだ。(中略)

だから、はじめてシャープペンシルを使ったときには感激した。ずーっと、一定の太さで芯を保てる。

 

2003年の単行本初版なので、そんなに前に書かれたものではないことを注釈しておきます。

シャーペンについて、ここまで文明の利器として語れることが新鮮で、なんだかこの時間感覚がうらやましい、

こういう空気感で生きたいとあらためて憧れの念が湧いてきました。

 

そんなことを思っていたらその日のコンシャスプランが

 

 f:id:indigoholizon:20180114164638j:image

 

これは天啓だな。

鉛筆もシャーペンも、社会人になってイラストを描くのをやめたら、もう全然使っていない。

近いうちに、濃いめのやわらかい鉛筆を買ってこようと思い至りました。